盛岡を中心に日々感じたコトの手帖です
by moriokarakuda
カテゴリ
手帖(日記)
盛岡の三角公園
街で見つけた懐古物
夜歩き
このブログについて
このブログは盛岡を中心に県内各地を走り回った記録と、日々起こる出来事などを綴っている手帳です。(平日不定期更新)

プロフィール
名前:盛岡楽駄 (♂)
  (もりおからくだ)
居住:盛岡市
愛車:VW ★OL★

姉妹ブログ
盛岡夜情
もよろしく!

リンク大歓迎!
仲良くしましょう。ご自由にどんどんリンクしてください。

コメント大歓迎!
どんどんコメントくださいね!

エキサイト外リンク
Kiss Of Murder
木の葉の家
かしゃくんの徒然日記
お気に入りブログ
ぶちねこ亭日乗
My☆room
いわてのそら
そうだ、渚へ行こう。  ...
こけもも日記 more
盛岡夜情
ヨコハマの風と光
斎のデジカメ日常記
盛岡心情2
最新のトラックバック
Iron Man Pre..
from Iron Man Preview
French Word
from French Word
Fred Willard
from Fred Willard
Murphy Brown
from Murphy Brown
Largest City..
from Largest City I..
Rothbury Mic..
from Rothbury Michi..
All By Myself
from All By Myself
Thaksin Shin..
from Thaksin Shinaw..
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
Petaos
from Petaos
以前の記事
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
人気ジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
<   2005年 08月 ( 18 )   > この月の画像一覧
告知です
d0045418_232730100.jpg盛岡の夜のみを綴った「盛岡夜情」というブログを並行して始めることにしました。
平日は仕事から帰ると夜。休日は大抵盛岡にいないので、盛岡心情とか名乗ってるわりには盛岡の話題が少ないと反省しております。ですので、盛岡(夜景のみ)をメインテーマとしたブログも開始することにしました。よかったら見てやってください。
もちろん今までどおり「盛岡心情」の方もがんばっていきますので引き続きご贔屓ください。

こちらからどうぞ盛岡夜情
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-11 23:38
やっぱ暑い日は盛岡冷麺ですね
d0045418_1904449.jpg

今日(8/11)のどっちの料理ショーで盛岡冷麺vs讃岐うどんやってましたね。
最近、盛岡冷麺の知名度も揺るぎないものになってきて、盛岡っ子としてはうれしいかぎり。
自分は月に3〜4回以上は冷麺を食べる超冷麺党ですので、今回の番組内での勝敗については大納得です。ちなみに「ぴょんぴょん舎」の社長さん、わざわざ機械まで持ち込むなんて熱い…(笑)。
しかし盛岡冷麺のキムチはやっぱり大根のカクテキじゃないと…。
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-11 22:57 | 手帖(日記)
所変われば名も変わる?
d0045418_18373759.jpg

五所川原市に行く途中、鶴田町の道の駅で発見した「津軽せんべい」。
岩手の人から見ればふつうの南部せんべいなんだけど、津軽せんべいなんだそうです。津軽せんべいという存在を知らなかった…。
何でも、この菓子メーカー。南部せんべいも売ってるみたいなので、ちょっと納得。
そういえば、五所川原のイトーヨーカドーで、あの「型」に入れて焼く実演販売をしていました。どうやら青森でもせんべいは名物みたいですね。
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-10 18:38
隣の芝は青かった…(青森・五所川原)
五所川原の立ねぶたを見に行ってきました。この日は都南の花火大会があったのですが、毎見に行っているので今年は青森県へ。本当は青森ねぶた祭りを見に行くのが定番ですが、なぜか立ねぶたに魅力を感じて五所川原市へ…。
まず、高速を一切使わずに3時間半かけて五所川原市内へ。
エルムの街という「エルム街の悪夢」みたいな名前のショッピングセンターに立ち寄って、有名な津軽ラーメン街道にて有名ラーメン店のラーメンでも…と思ったのですが、今回は特に食べたい店が出店していないので断念。館内をうろうろしていると、立ねぶた会場まで100円シャトルバスが出るというので、正面バスターミナルの乗り場へ急ぎ乗車しました。結局、エルムの街に車を停めて、市街地の会場まで難なく行けたのが幸いでした。祭のやり方が上手いですね津軽は。しかもちゃんと商売になっている点が特に…。
ところで盛岡さんさの時は、観光客はどこに車を停めてどうやって会場まで来るのでしょうね?
d0045418_17364038.jpg

さて、難なく会場に到着し見物ポイントを物色。五所川原市の寂れた商店街を、アーケードの切れ間を狙って歩道に場所を確保。立ねぶたはビルにすると7階の高さがあると事前に聞いていたので、のちにそれがナイス判断だったと感じるわけですが、その前に敷物が無い事に気づき商店街の古びた雑貨屋さんへ…。2人用のシートが200円だそうで、青いビニールシートを畳1畳分に切ったものでした。かえってビニールシートの方が素材が丈夫なので路上に敷くのにはちょうどよかったです。しかしこのあたりも商売上手(笑)。この商売上手の古老の店主に情報収集すると、立ねぶたは今から7から8年前に1世紀ぶりに復活した結構新しい祭だから、同時期に開催の青森や弘前のねぶたに客を取られるとの事。

d0045418_17371162.jpgそうこうしているうちにパレードが始まりワクワク。太鼓や跳ね人が「やってまれ」と掛け声をあげて登場。沿道の観客を煽り、観客みんなが手拍子と「やってまれ!」の掛け声で応えると、自分もいつしか「やってまれ!」と叫んで周りと一体化していました。
祭といえばさんさの盛岡人の自分は、ゆっくり見物しようと思っていたら、いつしか引き込まれていました。観客と跳ね人の間に変なボーダーが無くものすごい一体感。この点がさんさに無い魅力ですね。
そうこうしている間にいよいよ立ねぶたが現れ、そのスケールにビックリ。次々と現れる巨大なねぶたと跳ね人の跳ねっぷりにすっかり虜になってしまいました。
d0045418_17365727.jpg

【写真:祭が終わり、立ねぶたの館に格納されるねぶた】
今回、初めて青森の祭を見ましたが、かなり面白かったですよ。跳ね人が観客をうまく祭に引き込んで、見ている方も参加している気分になれるし。来年は青森ねぶたか弘前ねぷたを絶対見に行く事に決めました!。

よく盛岡の人は軽いさんさ批判をしますが、それは郷土愛への裏返し。さんさはあれで優雅で素敵な祭なんだと思います。ただ、観客をうまく乗せる方法も考えた方がいいのかなと思いました。隣の芝は青いもんですね(笑)。
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-08 14:35 | 手帖(日記)
バスセンターにて
七夕を見物に肴町へ。
人が一杯いるとゆっくり見れないからと思い10時ぐらいにアーケードへ…。
…やってる訳ありません。短冊や吹き流しは綺麗に片付いていました。
せっかく駐車場に停めたから…と夜の肴町近辺をぷらぷらしていたら、バスセンターに灯りがついていたのでちょっと寄り道。
夜のバスセンターもいいものですね。あのレトロな売店が全てシャッターを降ろしていて、さながらシャッター通り商店街のようでした。

d0045418_214634.jpg
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-05 20:51 | 街で見つけた懐古物
ブログが紹介されました
ビバHOME TOWN! 〜賢く帰省しよう〜というブログで、このブログが紹介されてました。
このブログを始めてから、特に宣伝活動などせず地味にやってきたので正直ビックリ。
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-05 13:24
やっと梅雨あけ
d0045418_12315467.jpg

暑い日は「暑さ」という余計なストレスまで溜まるもので、いっちょぶっ放してやろうと思い上堂のバッティングセンターに。なぜかムキになって6打席もやってしまい汗だく。帰りにMarsに寄ってサウナでも汗を流し、もう完全燃焼。
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-05 12:34 | 手帖(日記)
大船渡夏まつり
d0045418_12511813.jpg

土曜日は御所湖の花火だったけど、さすがに見慣れたので大船渡夏祭りへ行くことに。
実は仕事だったのですが、5時キッカリに終了させ、盛岡出発が5時45分ぐらい。
8時から花火とのことで、愛車にムチ打ってがんばってもらうしか手はありません。
途中、宮守あたりまでは結構車がいたので「みんなも大船渡まで行くんだ」と思っていたら、交差点でみんな曲がりだしたので、「おや?」と思い考えてみると、田瀬湖の湖上まつりも同じ日だった事が判明。
d0045418_12513684.jpg

d0045418_12515784.jpg
そうこうしている間に大船渡到着。7時50分ぐらい。結構間に合うもんです。
けど、花火の前の「かがり火幻想夜」が見れなかった…。
大船渡駅近くへ車を停めて、会場まで歩いていくことに。
すると、湾沿いは人でいっぱい。マイヤ本店の立体駐車場は解放されていて立体観客席に。
三脚を立てて写真を撮るところもなく今回はデジカメで我慢です。
d0045418_12521049.jpg

なんだかんだで花火も終って帰ろうかと思ったら、大沢桃子さんという歌手のショーが始まったので、ちょっと見物でもすることに。演歌は興味ないけど、生で聞くとやっぱり上手いですね。
この大沢桃子さん。若手演歌歌手では珍しい、作詞作曲を手掛けるシンガーソングライターなんだそうです。
[PR]
by moriokarakuda | 2005-08-03 12:50 | 手帖(日記)